前へ
次へ

韓国料理食べてみて-赤坂 韓国料理

僕には2年間付き合っている彼女がいます。その彼女は僕とは食べ物の好みがまったく違っています。彼女は女

more

赤坂の韓国料理でスタミナつけよう

男性の韓流スターにはマッチョな人が多いような気がします。アメリカ、ハリウッドあたりのスターだとやっぱ

more

韓国料理を赤坂で

食べた事が無い料理、それは結構あると思います。それこそ日本料理でも食した事が無い日本料理があったりし

more

健康食品と食事で取り入れる栄養素

健康食品と食事とでは、どちらで必要な栄養素を取り入れたらいいのか、考える人は多いといいます。基本的には健康食品を生活に取り入れることで、普段足りない栄養を補うことができるといわれていますが、過剰に取りすぎると健康被害が出るため、取り入れる時には過剰にならないよう判断して取り入れることが必要です。とくに油溶性のビタミンなどは過剰に摂取すると内臓に負担がかかることが少なくありません。積極的に取り入れたい気持ちはわかりますが、なるべくサプリメントなどではなく、通常の食事で取り入れたほうがいいでしょう。とくに大切なのは、油溶性のビタミンとしてあげられるビタミンA、ビタミンEです。これらのビタミンは取りすぎると体調不良を引き起こしがちになります。また、銅や亜鉛といった成分も過剰に取りすぎることはよくありません。そのため、過剰に摂取してしまいがちなサプリメントなどで取ることを避け、栄養素を確認して食事で取り入れてください。また、水溶性ビタミンであっても、サプリメントで長期間大量に取ると健康被害が発生する可能性が高いです。ビタミンBは水溶性ビタミンとして知られており、過剰に摂取しても1ヶ月くらいであれば尿と一緒に排出されてしまうため、全く問題ありません。しかし、10年以上過剰摂取を繰り返すと、体調面で肺がんリスクや亜鉛・他のビタミンの吸収阻害といった体調への負担が出てくることも事実です。とはいえ、厚生労働省で定めている上限をはるかに超えた量を10年以上取り入れなければ、健康被害は発生しないといいます。食生活で取り入れる分には全く問題なく、サプリメントなどで取り入れる場合には発生しやすいため、注意しましょう。健康上全く問題ないとされている水溶性ビタミンであっても過剰摂取することによって、健康面での負担が発生しがちとなります。毎日食生活でビタミンやミネラルを取れるように努力すること、どうしても取れないときだけサプリメントを利用することが、本当の意味での健康的な食事といえるでしょう。

美味しい肉をさらに美味しく食べられるたれ付き!
肉のうまみをさらに引き立ててくれる自家製の美味しいたれがついてきます。

スープにもこだわったもつ鍋をお取り寄せ
よし田は素材だけでなくスープにもこだわっています

カッコイイ調理器具をチョイスしてアウトドアで活躍
自慢できること間違いなしの商品はMONObASEまで

飲食店アプリ作成サービス『レストランスター』顧客管理を集客に活用

アレルギー対応も行っておりますのでご相談ください
アレルギーのある食材の変更や希望の食材を使用した仕出し弁当などお客様の希望に応じた特注弁当の提供もしています。

Page Top